ラミネートべニアとは

歯で決まる笑顔の美しさ 審美歯科が行う歯を白くする施術にはホワイトニングやパーマネントマニキュアなど様々なものがありますが、ラミネートベニアという施術方法をご存知でしょうか。
これは、簡単に言うと歯の表面に非常に薄い板を張り付けるという施術方法になります。
もちろん、現在の歯にそのまま張り付けたのでは、いくら薄いとはいえその分歯の厚みが増してしまい、違和感を覚えてしまうでしょう。
実際にラミネートベニアを施術する際には、歯の表面を少しだけ削り、その上に板を張り付けるという方法がとられます。
パーマネントマニキュアが、爪に塗るマニキュアのようなものと言うならば、ラミネートベニアはつけ爪のようなものとイメージすれば良いでしょう。
ラミネートベニアの素材はセラミックですので、人体への害はありません。
セラミックは非常に親和性の高い素材として、歯科治療では非常に幅広く利用されている素材ですので安心して施術を受けることができるでしょう。
セラミックは非常に強度も高いというのが特徴ですが、どうしても割れてしまうという可能性は否定できません。
セラミックだから安心と過信し過ぎて硬い物をかじってしまうと、せっかくの歯が割れてしまうということもありますので注意しましょう。
ラミネートベニアの最大のメリットは、非常に短期間で白い歯を手に入れることができるという点でしょう。
施術自体にはある程度の技術が必要ですが、歯科医院に何度も通わなければならないとか、入院しなければならないといった心配はありません。
施術する本数にもよるでしょうが、施術自体は短時間で終了します。
ラミネートベニアは、歯を白くするという効果の他に、歯並びを綺麗に魅せるという効果もあります。
歯と歯の間の隙間が気になるという場合には、歯の間を上手に調整したラミネートベニアを装着することによって、隙間を無くすことが可能です。
特に前歯の隙間が気になる方には非常におすすめと言えるでしょう。
ラミネートベニアも保険外治療ですので、ある程度の費用が必要です。
素材や歯科医院によって費用は大きく違うようですが1本あたり5万円から10万円以上かかるというのが相場のようです。
ホワイトニングと比較すると非常に高額な治療費となりますが、ラミネートベニアの場合は適切なメンテナンスを行うことで10年くらいは維持できると言われています。
長期的な視野での費用も考えながら、自分にあった治療法をみつけることが大切です。
様々な情報収集はもちろん、実際に審美歯科治療を行っている歯科医院でカウンセリングを受けるようにしましょう。

Copyright (C)2022歯で決まる笑顔の美しさ.All rights reserved.